Top >  資格取得 >  宅建資格を取るまえに読む本(2008年版)

宅建資格を取るまえに読む本(2008年版)

宅建資格を取るまえに読む本(2008年版)宅建資格を取るまえに読む本(2008年版)
仕事に、生活に、こんなに役立つ宅建の知識 著者:飯田道子出版社:総合資格サイズ:単行本ページ数:87p発行年月:2007年11月この著者の新着メールを登録する【目次】(「BOOK」データベースより)01 宅建資格がこんなトコロで!お役立ち例13+1(仕事編/プライベート編)/02 不動産業界のトレンドを知ろう!(データにみる不動産業界/不動産投資ファンドに注目しよう!/外国人投資家が注目する日本の土地)/03 宅建プラスαでステップアップする!(ダブル・トリプル資格でステップアップ!)/04 宅建主任者って実のトコロ、何をするの?(宅建主任者の独占事務は3つだけ。/事務所の5人に1人は宅建主任者!?設置義務って何でしょう?)/05 自分にあった勉強方法は何だろう?(試験情報/試験問題○×編/本試験に挑戦/宅建はプリン!?/独学で勉強するメリット&デメリット/スクールに通うメリット&デメリット/スクール選びの目を養う)【著者情報】(「BOOK」データベースより)飯田道子(イイダミチコ)静岡県伊東市出身。海外生活ジャーナリスト。ファイナンシャル・プランナー(CFP認定者)。銀行勤務を経てスキー業界へ。インストラクションに励む!その後、再び金融業界に戻り96年FP資格を取得する。現在は各種相談業務やセミナー講師、執筆活動などを行っており、海外移住やロングステイのコンサルティングも得意としている。カナダ・バンクーバーの日系ビジネスコミュニティのメンバーでもある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 資格・検定> 宅建・不動産関係資格> 宅建
さらに詳しい情報はコチラ≫


宅建資格を取るまえに読む本(2008年版)はわかりやすい本です。も1ついうなら面白い本です。わかりやすくて面白いんで、宅建資格を取るまえに読む本(2008年版)は読んでいて楽しい本です。読むのが楽しいので頭に残ります。

読んでもすぐに忘れちゃうんなら時間がもったいないし、お金ももったいないですよね。だから宅建資格を取るまえに読む本(2008年版)はとってもお得な本だと思っています。

自分の役に立った本は愛着も持てます。本も大事にされますよね。宅建資格を取るまえに読む本(2008年版)は良いことばかりの本だと私は思っています。ご一読、おすすめの本です。

 <  前の記事 秘書資格をとる!?  |  トップページ  |  次の記事 本試験型丙種危険物取扱者資格試験問題集  > 

         
  • seo
このページについて

このページは「ユーキャン・資格の泉のおすすめ集」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。