Top >  資格取得 >  宅建資格を取るまえに読む本(2007年版)

宅建資格を取るまえに読む本(2007年版)

宅建資格を取るまえに読む本(2007年版)宅建資格を取るまえに読む本(2007年版)
仕事に、生活に、こんなに役立つ宅建の知識 著者:飯田道子出版社:総合資格サイズ:単行本ページ数:87p発行年月:2006年11月この著者の新着メールを登録する【目次】(「BOOK」データベースより)01 宅建資格がこんなトコロで!お役立ち例13+1(仕事編/プライベート編)/02 不動産業界のトレンドを知ろう!(データにみる不動産業界/不動産投資ファンドに注目しよう! ほか)/03 宅建プラスαでステップアップする!(ダブル・トリプル資格でステップアップ!/あなたにオススメの+α資格は?)/04 宅建主任者って実のトコロ、何をするの?(宅建主任者の独占事務は3つだけ。/事務所の5人に1人は宅建主任者!?設置義務って何でしょう?)/05 自分にあった勉強方法は何だろう?(試験情報/試験問題○×編 ほか)【著者情報】(「BOOK」データベースより)飯田道子(イイダミチコ)静岡県伊東市出身。海外生活ジャーナリスト。ファイナンシャル・プランナー(CFP認定者)。宅地建物取引主任者資格試験合格者。銀行勤務を経てスキー業界へ。インストラクションに励む!その後、再び金融業界に戻り96年FP資格を取得する。現在は各種相談業務やセミナー講師、執筆活動などを行っており、海外移住やロングステイのコンサルティングも得意としている。カナダ・バンクーバーの日系ビジネスコミュニティのメンバーでもある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 資格・検定> 宅建・不動産関係資格> 宅建
さらに詳しい情報はコチラ≫


宅建資格を取るまえに読む本(2007年版)はこう見えても、これ1冊で欲しいところは全部間に合いそうな本なんです。他の本を読んでがっかりしていた方にもきっと満足いただける本だと思います。


宅建資格を取るまえに読む本(2007年版)は自分の場合はこうなんじゃないかな?と応用の利く大切な部分がわかる本なんですね。やはりみんなそれぞれ違うのでココのところが大切ですよね。

だから、宅建資格を取るまえに読む本(2007年版)を私はオススメします。あなたの生活に宅建資格を取るまえに読む本(2007年版)はきっとお役に立つ1冊になることでしょう。

 <  前の記事 消費生活アドバイザー資格受験ガイド  |  トップページ  |  次の記事 内部管理責任者資格試験問題集(2006年度版受験用)  > 

         
  • seo
このページについて

このページは「ユーキャン・資格の泉のおすすめ集」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。