Top >  資格取得 >  安倍晋三と「宰相の資格」

安倍晋三と「宰相の資格」

安倍晋三と「宰相の資格」安倍晋三と「宰相の資格」
小学館文庫 著者:山際澄夫出版社:小学館サイズ:文庫ページ数:270p発行年月:2006年03月『安倍晋三物語』加筆・改題書この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)「自民党をぶっ壊す」と言って成立した小泉純一郎政権は、二〇〇五年の総選挙で大勝利を収める。そして、官房長官という内閣の要職に就いたのが、国民的人気を誇る安倍晋三その人である。祖父に元総理・岸信介、父に総理の椅子を目前に逝った安倍晋太郎をもち、維新の英雄・高杉晋作の気質を受け継ぐ長州人にして、時代に即した確固たる国家観を持つ?。官房副長官時代には北朝鮮拉致問題への取り組みで一躍脚光を浴びた。この若手有力政治家の理念と、輝かしいその血脈から、国家が必要とする「宰相の資格」を考える。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 疾走する長州?引き継がれた遺産/第2章 日本再建へ向かって?六〇年安保の岸家/第3章 激動の昭和史の中で?長州から満州へ/第4章 血脈と意志?晋太郎・晋三父子/第5章 宿命の闘い「拉致」?「9・17」平壌の苦渋/第6章 強い日本を目指して?自主憲法制定/第7章 座るべき椅子?「日本」のために【著者情報】(「BOOK」データベースより)山際澄夫(ヤマギワスミオ)1950年山口県下関市生まれ。ジャーナリスト、秀明大学非常勤講師。明治大学卒業。産経新聞政治部で首相官邸、外務省クラブキャップ、ニューヨーク支局長などを経てフリー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 人文・地歴・哲学・社会> 歴史> 伝記(外国)
さらに詳しい情報はコチラ≫


読んで得したなぁと思う本、読んで損したよ!と思う本、世の中にはいろいろありますね。安倍晋三と「宰相の資格」は「読んで損はない本」です。


微妙な表現ですね。得か損かは人それぞれなので何とも言えませんです。でも損がないなら得かもしれない方が強いです。安倍晋三と「宰相の資格」はそういう本です。


安倍晋三と「宰相の資格」は内容がしっかりしていて、わかりやすいので誰にでも受け入れられる本なんです。安倍晋三と「宰相の資格」の分野が初めての人にも、そうでない人にもしっかり内容がわかる本です。だから、損はありません。実際に読んでみたら、安倍晋三と「宰相の資格」はかなりお得な本になると思いますよ。

 <  前の記事 資格がいままでの10倍速く取れる本  |  トップページ  |  次の記事 インテリアコーディネーター資格試験の傾向と対策(NO.6)  > 

         
  • seo
このページについて

このページは「ユーキャン・資格の泉のおすすめ集」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。